眼科-練馬恒清会クリニック|霰粒腫 < 症状からの検索

霰粒腫 < 症状からの検索

霰粒腫

症状(腫れ・ごろごろ・異物感・しこり)から見た可能性のある病気-霰粒腫

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。まぶたにころころとしたしこり(脂肪のようなものが炎症により腫瘤となった)ができます。 細菌感染を伴わない無菌性の炎症ですが、細菌感染を伴う場合はものもらいと同じように、赤くなり痛みがでます。これを急性霰粒腫と呼んでいます。 これを急性霰粒腫と呼んでいます。

症状
痛みも赤みもなく、眼瞼にコロコロとしたできもの(腫瘤)、眼瞼の腫れ
関連症状
充血、しょぼしょぼする、目が重い、しこり

症状別目次に戻る

アクセス

アクセスマップ

西武池袋線・都営大江戸線
「練馬駅」南口
A2出口よりすぐ

練馬恒清会クリニック

TEL 03-6915-8366

〒176-0012
東京都練馬区豊玉北5-17-7
ネリマビル 3F

Googleマップはこちら

English speaking Doctor

よしづ眼科

たまち恒清会眼科

みなとみらい恒清会クリニック

上へ
下へ